(株)東京電話サービスセンター   電話加入権事業部  [HOME]  [BACK]  [INFO]
  本コーナーは2002年に作成されています。
一部の内容が現在の状況と一致しない場合がありますのでご注意下さい。

よくあるご質問 通信機器・工事費編

目次 】【 サービス編 】【 料金・制度編
サービスを利用するにはどんな通信機器が必要なのですか? 契約料や工事費はいくらかかるのですか? モデムを買い取った後、引越等により利用場所が変わっても平気ですか?
(NTTフレッツADSLの場合)
電話を共用する場合、モジュラージャック(MJ)〜スプリッタ〜ADSLモデム〜端末の順におつなぎ頂きます。 MJ〜スプリッタ間、スプリッタ〜モデム間は各機器に付属のコードで接続します。 モデム〜端末間はLANケーブル(10Base-Tストレート)での接続となり 端末側にも10Base-Tのインターフェイスが必要となります。 電話を共用しない場合スプリッタが不要となります。 契約料は1回線につき800円です。 工事料につきましては電話を共用するタイプの場合2800円 (端末の取付けをお客様で実施され、屋内配線の新設がない場合) 〜16500円(端末の取付けをNTTが実施し、屋内配線の新設を伴う場合)程度です。 電話を共用しないタイプの場合、2000円(端末の取付けをお客様で実施され、屋内配線の新設がない場合) 〜14000円(端末の取付け工事をNTTが実施し、屋内配線の新設を伴う場合)程度です。
※上記は「NTTのフレッツADSL」の代表的な工事例です。
NTTのモデムであっても複数の機種があり、 地域によってご利用いただける機種が限られる場合があります。 このため、現在のご利用場所でお買取りいただいたモデムを、 ご移転先の別の地域で接続されてもご利用いただけない場合があります。 お引越し等のご予定がある場合にはお買取りではなく レンタルでご利用いただくことをお勧めいたします。

レンタル端末等の工事は自分でもできますか?どんな工事ですか? 機器は購入しなければならないのですか? 電話回線を分岐して使っているのですが、ADSLの場合どのようにすればよいのですか?
スプリッタ及びモデムの取り付け工事でありお客様ご自身でお取り付けいただくことも、 担当者がお伺いして工事を行うことも可能です。 工事日等決定の際にお申し込みください。 パソコン周辺の取り付けや設定につきましてもお客様ご自身で設定してください。 LANケーブルと端末のインターフェイスは必ずお客様ご自身でご用意ください。 スプリッタとADSLモデムにつきましてはレンタルでご利用頂けます。 (「NTTフレッツADSL」ではお買取り頂く方法とレンタルでご利用頂く方法からお選びいただけます。) 電話回線を分岐する手前にスプリッタを挿入し、 そこからADSLモデム(ATU―R)を接続すればご利用は可能です。 ただし、スプリッタ〜ADSLモデム間の距離に制限があります。 標準で添付されている接続ケーブルをご利用下さい。

親子電話・ホームテレホン・ビジネスホンでも、電話共用タイプのサービスを利用できますか? 複数台の端末を接続することはできますか?また、同時に使えますか? ADSL接続サ―ビスで使用していたモデムはフレッツ・ADSLでも使用できますか?
ご利用は可能ですが、別途配線工事が必要です。 ADSL対応のルータをご用意頂ければ複数台の端末からの同時使用が可能です。 ADSL接続サービスとフレッツADSLでは使用するモデムも機能が異なるため、 使用できません。


[ HOME ]    [ BACK ]    [ INFO ]
Copyright (C) 2000-2004 株式会社東京電話サービスセンター 加入権事業部
E-mail/kanyuken@tdsc.co.jp